Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
現在「花とゆめ」にて少女漫画を描かせてもらっている者です。
ただいまエッセイ漫画「のんのま!」が花ゆめオンラインにて連載中。いろいろな漫画を描きたいです。
ご連絡等ございましたらプロフィールページのアドレス宛によろしくお願いします。
Profile
Category
Archive
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
京都どすえ1

 こんにちばんは、シマダです。

このまえの進撃のくがるさんな記事にもちょろっと書いたのですが、京都に一泊二日で旅行してきました〜◎

じつはバリバリ原稿中だったのですが(笑)、このメンバーではもうなかなか旅行できないだろうなあ〜と思うといてもたってもいられなかったので強行軍で!いってきたよ!!わぁい
なので私以外のメンバーは二泊三日旅でした。

メンバーは学生時、学芸員課程を履修していた仲間です。


この似顔絵とても似ている…(自画自賛)


さて。京都駅で集合後、いっちゃん以外のメンバーは嵐山方面に移動。
(いっちゃんは別行動で平清盛ゆかりの地に向かっていきました。いい笑顔だった。)

1日目は嵐山、松尾、嵯峨野をぐるっとレンタサイクルでまわるプランです。
向かうは苔寺、松尾大社、地蔵院、化野念仏時、祇王寺。

いやーじつはシマダ、旅行参加を決めたのが1週間前だったのですが、どうせ行くなら一度は世界遺産の苔寺にいってみたいなーと思いまして。
こちら、拝観するためには一週間前までに往復はがきで申し込みをしないといけないんですね。気づいた時にはタイムリミットが迫っていて、あたふたしながらぎりっぎりで申し込んだのですが無事予約できてよかった、よかった…。速達さまさまやでぇ。

さて。自転車をのりのりで漕いでいると、松尾大社が。

ちの輪くぐりしました。蟻になった気分。


SAKE!松尾大社は酒造の神を祀っている神社なのです。


神々も「自分でなんとかしろよ…」と思うような願掛けをしたのちに、苔寺(西芳寺)へ到着!


庭園めぐりの前に、まずは本堂にて住職さんの説法を聞いて写経をし、一緒に般若心経を唱和するきまりです。

ずっと書いていると「空」という字が困り顔に見えてきていとおしくなってきました。
ゲシュタルト崩壊をおこしつつ、文字の美しさに改めて気づかされたり。


ダメだこいつ…

しかしお坊さんは何回も何回も唱和しているからでしょう、流れるように言いますよね。
今まで我々のわからない言葉を言っているから聞き取れないのかなあ〜と考えていたのですが、もしやダァシェリエス的な雰囲気なのでは…をちょっと思ってみたり。
そんなこと考えてないでちゃんと唱和しろ。

はて仏事が終わったら庭園を散策です!

広い!!!
池には鯉がゆうゆうと泳いでいました。
もこもこしたコケがたくさん生えていて顔をうずめたかったです。

中学生の時からの目的、完遂!



さて。お次は近場の地蔵院(竹の寺)に。
竹林が美しかったです。こじんまりしていて落ち着く雰囲気。



その後は鈴虫寺に行く班と、化野念仏寺&祇王寺に行く班に分かれて行動しました。
私ははなことふたりで化野念仏寺にゴー!!

化野念仏寺…もう響きからしてすてきじゃないですか…。
化野って書いてあだしのと読むなんていったいなんなの…ロマンなの…。
そんな厨二心をくすぐられつつ、キャッキャと自転車をこいでいたのですが


召される(本気で)

なんとか40分くらいで到着し、息も絶え絶えになりながら回ってきました。

一番圧巻なところは撮影禁止で撮れませんでした。
残念だけどお墓だから仕方がない。
とにかくたくさんの墓石が所狭しとならんでいて、暑かったはずなのに肌寒さを感じました。


そして今度はひたすら坂を下り、祇王寺に向かいます。

いや〜〜〜〜祇王寺、大好きなお寺です!!
京都に行くたびに訪れてしまう、シマダの中ではあこがれの地。
とても小さい庭園で、あまりメジャーではないのですが本当に素晴らしいところですよ。



苔!!!!

美しい…。
個人的には苔寺よりも祇王寺の苔の方ががいきいきしている気がしました。

祇王寺初来訪なはなこに何度も「どや?いいやろ祇王寺??」と聞くシマダ。

お前の庭じゃねえよ。


は〜来れてよかった…。祇王寺様ありがとう、ありがとう…。


ぼーっとしていたらレンタサイクル返却の時間が迫ってきたのでそろそろ退散です。
祇王寺でちょっと回復した気がしていたけれど、実際とても疲労困憊していたので近場でラムネを買いました。
その売店にアブナイ顔をしたブツを発見。

こいつ…完全に気がくるっている表情をしている…。
手に持っているバナナを取ると「ヒャーハハ」と暴れだす仕組みになっています。
店員さんいわく人気者らしいのですが私にとっては恐怖でしかなかった。
めっちゃ怖いのでお近くに寄った際にはぜひ。


その後鈴虫寺トリオとも合流し、かき氷をしばいた後京都駅にていっちゃんと合流。
鈴虫寺トリオは住職さんからとてもありがたいお話を聞けたらしく人生充実した顔をしており、平氏ゆかりの地を巡ってきたいっちゃんも気力十分!フェイスでした。
うむ、みんなそれぞれに満喫してきたようだ。


なんだか長くなったので2に続きます
すんません完璧ただの日記

| 雑記 | - |
スポンサーサイト
| - | - |
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex